トート音楽院 あこがれの講師に学べる、わたしの音楽。
講師プロフィール
コースを選ぶ 講師で選ぶ 浦田 博信
ヴォイストレーニング 作詞 作曲
ポピュラー

梅田校

浦田 博信うらた ひろのぶ

浦田 博信
プロフィール
大阪外国語大学ロシア語学科中退。20代の頃から作編曲家、ギタリスト、歌手として数十年に渡って活動中。舞台・番組音楽の作曲や、レコーディング編曲、CM作品においても数々の実績を残している。また大阪音大、ヤマハ音楽院をはじめ多くの教育機関で後進の育成に努める。
作品一例:
ノーベルVC3000のど飴CM・伯方の塩CM・NHK銀河ドラマ・朝日放送土曜ワイド劇場・OSK日本歌劇団舞台音楽・2002シンクロ世界選手権日本代表デュエット種目フリースタイル音楽・高槻市市制50周年記念歌「卯の花のように」(島田歌穂・歌)・「セレッソ音頭」(成世昌平・歌)
保有するライセンス
ソングライティング(作詞・作曲)
編曲
ヴォーカル
好きな曲、ジャンル、アーティスト
Pops全般(特に60〜80年代)、ワールドミュージック、Bossa Nova、歌謡曲。 The Beatles、バート・バカラック、アントニオ・カルロス・ジョビン。
「浦田 博信」先生の担当コース
講師から受講される皆さんへ
音楽を始めたきっかけは? 小学校の頃にラジオから流れていた洋楽ヒット曲や日本の歌謡曲に興味を持ち始めたこと。中学校の時に耳にしたThe Beatlesに触発されてギターを弾き、曲を作り始めたこと。
レッスンで心がけていること どんなにいい内容の話でも、こちらから一方的に与えるだけでは伝わりにくいものです。大切なのは、生徒さん自身の「気づき」や「自覚」です。受身だけの授業にならないよう、どうすればその意識を持ってもらえるか、そこを考えています。
受講生・受講志望者へのメッセージ 「歌を作る」ことは「自らを表現する」ことです。大げさに構えたり、難しく考えたりせずに、心に最初に浮かんだモチーフを大切にふくらませていきましょう。あなたの日常の至るところに発想のヒントは息づいています。あなたの感動をより多くの人とシェアできるよう、その育て方を一緒に考えていきましょう。