長尾洋史 ピアノ・コース紹介

長尾洋史 ピアノ・コースの紹介

国立音楽大学准教授、東京藝術大学非常勤講師で、ピアニストの長尾洋史先生によるレッスン・クラスです。
音大受験やアーティストを目指すコースをはじめ、ピアノ指導者向けのコースなど、受講者の目的や技能レベルに応じて相応しいレッスンを行います。
レッスンには、Steinway社のアカデミック・モデル“AS-188”を使用し、実践的な演奏能力の向上に努めます。

長尾 洋史 <長尾 洋史>講師プロフィール

東京藝術大学、同大学院修士課程を修了。安宅賞を受賞。宗廣祐詩、遠藤道子、米谷治郎の各氏に師事。1989年第1回宝塚ベガ音 楽コンクール、91年HIMES海外音楽研修者派遣選抜コンクール第1位。1995年パリ・エコールノルマルに留学。ソロ・リサ イタルや、「長尾洋史アンサンブル・シリーズ」を企画するほか、「東京の夏」「サイトウキネン・フェスティバル」をはじめとする 音楽祭、NHK「名曲リサイタル」などにも多数出演、また、現代音楽の分野では内外の作品初演を多く手掛けている。
また、 NHK交響楽団、札幌交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、広島交響楽団、東京シティ・フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団等と共演するほか、 ミシェル・ベッケ(トロンボーン)、ワルター・アウアー(フルート)、エリック・オビエ、北村源三(トランペット)、ジャン=イ ヴ・フルモー(サクソフォーン)、パーヴェル・ベルマン(ヴィオリン)等の管楽器奏者との共演も多数。
ソロCDは、「エボカシオン」「長尾洋史プレイズ ラヴェル&ドビュッシー」(ライブノーツ)、2010年には藤原亜美とのピアノデュオで「メシアン:アーメンの幻影(全曲)」(コジマ録音)、2011年8月には最新CD 「リスト&レーガーを弾く」(コジマ録音)をリリースした。レコード芸術の特選盤に選ばれるなど、いずれも高い評価を得ている。
現在、国立音楽大学准教授、東京藝術大学非常勤講師。古典派からロマン派、現代に至る幅広いレパートリーを持ち、透明で芯のある 美しい音、緻密で精巧なテクニックの中に、非常にみずみずしい音楽を聴かせることのできる、数少ない演奏家の一人。

入会金

10,000円(税別)

レッスン料
コース名 形態 対象 クラス 月謝
(税別)
マスターコース
(ソロコース)
個人 音大生/音大卒業生
もしくは
同等の技能を有する方
1回当たり50分・年間12回 14,000円
マスターコース
(伴奏法コース)
個人 音大生/音大卒業生
もしくは
同等の技能を有する方
1回当たり50分・年間12回 14,000円
音大受験コース 個人 高校3年生もしくは
音楽大学ピアノ科受験志望者
1回当たり50分・年間12回 14,000円
音大受験準備コース
高校音楽科準備コース
個人 高校1〜2年生
中学生
1回当たり50分・年間12回 13,000円
ピアノ指導者コース※4 個人 ピアノ指導者 1回当たり50分・年間12回 13,000円

※1)原則として“AS-188”を使用しますが、曜日・時間によって他のグランドピアノを使用する場合があります。
※2) 90分クラス等の設定をご希望の場合はご相談下さい。
※3)月謝には施設費2,500円(税別)が含まれています。
※4)ピアノ指導者の方に限り、受講頂けるコースです。


開講日

レッスン日程(毎月1回):(原則) 月曜日予定 

使用楽器

Steinway & Sons


お問合せ、お申込みは
TEL 03-3407-4100 もしくは info@thoth.co.jp 宛にご連絡ください。

※レッスンの希望日は、担当講師ならびに教室のスケジュールをもとに日程をご案内させていただきますので、余裕を持った日程をお知らせくださ い。